走り込んでいる車でも買い取ってくれるトラック王国

走り込んでいる車でも買い取ってくれるトラック王国

車の買取金額を大きく左右する要素の1つに、距離があります。基本的には走った距離が長ければ、やはり買い取り額は低くなる傾向があります。
一般的には、3つのラインが目安になりますね。

 

5万キロと10万キロと15万キロが、買取額が1段階低くなるボーダーラインと言われているのですが。そのような車の場合は、ちょっと業者によっては買い取り金額が厳しくなってしまう事もあるのです。しかしその逆もありますので、買取業者をよく選んだ方が良いですね。

 

走行距離が長めな車でも買取可能なトラック王国

 

ところでトラックという車種もそれは同じで、やはりある程度走る込んでいる車は買い取り金額も低くなる傾向があります。ではどの業者であれば過走行車でも買い取ってくれるかというと、トラック王国という業者があります。

 

その業者では、かなり走り込んでいる車でも買い取っている事例がありますね。しかも比較的高い金額で買い取っているのですが。

 

トラック王国による過走行車の買取の事例

 

例えばある時には、その業者ではあるトラックを800万円台で買い取っていたようです。800万円台というのは、トラック買取の金額としてはかなり高めですね。そして肝心の走行距離なのですが、実に30万キロを超えています。かなり走り込んでいる車でも、比較的高く買い取っている訳ですね。

 

【GP/GJ系】4代目インプレッサ買取相場

 

そうかと思えば、100万キロを超えている車を買い取っている事例もあるのです。100万キロというのは、相当な距離ですね。しかしその業者ではその過走行車を、300万円台で買い取っていたのだそうです。ちなみにそのトラックの場合は年式もやや微妙なのですが、それでも300万円台で買い取っている訳ですね。

 

このようにトラック王国では、かなり走り込んだ車でも売却可能なのが特徴と言えるでしょう。もしも「過走行のトラックを売りたい」とお考えであれば、その業者で車を見てもらうと良いでしょう。